メテオプラザ

1992年12月10日の夜、
美保関町の民家に大きな音が
鳴り響きました。

当時、美保関町は雷雨に
見舞われており、
その民家の住人は
「雷が落ちた」と
思っていました。

ところが家を調べてみると、
なんと天井から床下にかけて
穴が開いているではありませんか!!

そこで翌日、穴の開いた1階の床下を
探ってみると、大きな石を発見!!

調査研究の結果、その大きな石は、
宇宙からやってきた隕石だったと判明!!

美保関に落下した隕石は、
最大長25.2cmと
国内に落下した隕石としては
比較的大きなもので、
太陽系が誕生した46億年前に生まれ、
6100万年の間宇宙空間を
さまよい続けていたことが
明らかになりました。

また、地球上には存在しない物質が
発見されるなど、
多くの貴重なデータが
得られたことから、
宇宙の謎の解明に
大きく役立ちました。

松江と隠岐諸島を結ぶ「隠岐汽船」の
フェリーと高速船が発着する七類港には、
ここ美保関の地に落下した隕石を展示する
「メテオミュージアム」があり、
隕石の落下した時の家の様子が
写真や模型で分かりやすく
解説されています。
そして美保関に落下した
本物の隕石も一般公開されており、
間近で見ることができます。


また、いん石の標本を
顕微鏡でのぞけるコーナーや
世界の隕石も展示されており、
宇宙の夢とロマンが詰まった
楽しい空間になっています。

 

 

 


施設情報

営業時間
9:00~17:00

休館日
・水曜日
(水曜日が祝日のときはその翌日)
・年末年始
(12月28日~1月1日)

入館料
大人 500円
中高生 350円
小学生 250円

メテオプラザ 公式サイト

メテオプラザへのアクセス

松江駅から2番バスのりばから
美保関ターミナル行きに乗車
美保関ターミナル 下車 
約45分 770円

美保関コミュニティバス
七類線に乗り換え
メテオプラザ 下車
約25分 200円

美保神社から車で約15分
11km

 

メテオプラザから出発