1月 イベント情報

< 歴史リアル謎解きゲーム >リアル・ニンジャ~潜入 ! 松江城~(松江城)
松江城を舞台にした
「謎解きゲーム」が開催中です!!
「忍者」になって、
松江城の各所に仕掛けられた謎を解き、
天守にいる堀尾公に手紙を届けよう!!

ストーリー
松江城主「堀尾吉晴公」が
徳川家康に命を狙われている。

そこでお抱えの忍者である君に、
同志加藤清正公の手紙を
天守にいる堀尾公に渡す任務が
与えられた。

しかし松江城下は
徳川方のスパイで満ち溢れ、
白昼堂々手紙を渡すことは不可能だ。

なので深夜に松江城に単身潜入し、
天守にいる堀尾公に
直接手紙を渡してほしい。

だが、心深い堀尾公は、
様々な仕掛けを城内に施している。
徳川方のスパイに気づかれないように、
各所に仕掛けられた謎を解きながら、
天守を目指せ!!

日時
2021年4月1日~
8:30~16:30
※最終回答受付 16:00

料金

①謎解きキット費用
1,000円

②天守登城券
大人 680円
子供 290円

注意事項
・新型コロナウイルス感染症の
影響などにより、
予告なく休止となる場合があります。
・新型コロナウイルス感染症拡大防止に
ご協力をお願いします。
・対象年齢はありませんが、
小学生以下の方は、
中学生以上の保護者の方と
一緒にご参加をお願いいたします。
・謎解きにかかる時間は、
2~3時間程度です。
・1日で解けない場合も、
期間内であればいつでも
再挑戦可能です。
ただし、“一度天守に入った後”など
再入場が必要な場所での後日挑戦は、
再度登城券を購入頂く
必要がございます。

松江国際文化観光都市70年 神々の国の首都に住まふ443日(小泉八雲記念館)
日本文化に興味を持ち、
松江へやって来た
ラフカディオ・ハーン(小泉八雲)。

ハーンが松江で過ごした期間は、
来日した1890年8月30日から
翌年の1891年11月15日の
わずか443日という
短い期間でしたが、
彼が来日後初めて書いた作品
「知られぬ日本の面影」には、
いくつかの章を除いて
ほとんどが松江や出雲地方について
書かれています。

この作品によって、
松江や出雲の怪談や伝説・文化が
世界各国に広められたことから、
今からちょうど70年前の1951年に、
松江市は京都や奈良と並んで
「国際文化観光都市」に
制定されました。

「神々の国の首都」と呼ぶほど
こよなく愛していた
城下町松江での
ハーンの443日間の記録を
ハーンの親友西田千太郎が
残した日記、
友人・知人に宛てた書簡類、
教え子たちの追悼文などを
たどりながら、
彼が瞥見した日本の面影に迫ります。

日時
2021年6月27日~2022年6月12日

4月~9月
8:30~18:30(受付終了 18:10)
10月~3月
8:30~17:00(受付終了 16:40)

入場料
大人 410円
小・中学生 200円

文豪とアルケミストスタンプラリー 神々の国の首都に魅せられた作家たち(松江城周辺)
人気ゲーム「文豪とアルケミスト」と
松江市がタイアップ!!

このゲームに登場する
「島崎藤村」「芥川龍之介」
「志賀直哉」「小泉八雲」は、
松江に滞在したことを題材にした
作品を世に送り出しました。

4人にゆかりのある
松江市内の4施設に設置された
文豪とアルケミストの
スタンプを集めよう!!

スタンプを集めた方には、
文豪とアルケミストスタンプラリーの
オリジナルシールをプレゼント!!

期間
11月15日~2022年2月14日

※新型コロナウイルスの
市内感染状況によっては、
中止とさせていただく
場合もあります。

スタンプラリー会場

①小泉八雲記念館
8:30~17:00
入館料
大人 410円
小・中学生 200円

②興雲閣
8:30~17:00

③月照寺
10:00~16:00
拝観料
大人 500円
中学・高校生 300円
小学生 250円

④皆美館
9:00~17:00

参加方法

①スタンプラリー会場、
または松江国際観光案内所で
スタンプラリー台紙
(パンフレット)をもらおう!!

②4つのスタンプラリー会場を
めぐって台紙にスタンプを押そう!!

③4つのスタンプを集めた方には
オリジナルシールをプレゼント!!
(受取は、4つ目の施設または
松江国際観光案内所で)

☆各施設でプレゼントGET!!

①小泉八雲記念館
小泉八雲記念館でスタンプを押された方

②興雲閣
館内にある「亀田山喫茶室」で
飲食された方

③月照寺
月照寺でスタンプを押された方

④皆美館
皆美館へご宿泊、
または館内レストラン
「庭園茶寮みな美」で
飲食された方、
または皆美館内で
おみやげを購入された方

※無くなり次第終了です。

各施設のスタンプが押されている事を
確認させていただきます。

各施設同じグッズを準備しております。

<ミニ展示>新春展示「虎」―若槻禮次郎コレクション―(松江歴史館)
2022年は「寅年」。
松江出身の総理大臣・若槻禮次郎。
慶応2年(1866)の
寅年生まれの禮次郎は、
虎の絵を所蔵していました。

この絵は、出雲市出身の
画家・小村大雲の作品で、
禮次郎の後援者である
平田町の大谷弥吉から禮次郎へ
総理大臣就任のお祝いとして
贈られました。

松江歴史館へお越しの際は、
ぜひご覧ください。

日時
2021年12月28日~2022年2月27日
9:00~17:00

休館日
月曜日
(祝日の場合翌平日)

場所
展示室前

料金
無料

【歴史リアル謎解きゲーム】リアル・ニンジャ 潜入!松江城in松江歴史館 はじまり編(松江歴史館)
松江城で好評開催中の
歴史リアル謎解きゲーム
「リアル・ニンジャ 潜入!松江城」が
期間限定で松江歴史館に登場!!

謎を解き明かした方には、
「忍者関連グッズ」をプレゼント!!
ご家族・友人の方と一緒にぜひ、
チャレンジしてみてね!!

このゲームをクリアした方は、
本編にもチャレンジしてみてね!!

今回の物語は、
本編(松江城編)が始まる
ちょっと前のお話。

ストーリー
時は慶長年間、
忍者見習いの君は、
忍者の適性を見極める
忍びの鍛錬屋敷「松江歴史館」に
迷いこんだ。

一人前の忍者になるために、
館内にしかけられた謎を解き、
主から与えられた
特別指令を遂行せよ!!

この試練を乗り越え、
果たして君は、一人前の忍者として
認めてもらえるのか!?

日時
1月2日~3月31日
9:00~16:00

休館日
月曜日
(祝日の場合翌平日)

場所
松江歴史館 基本展示室

料金

①謎解き費用
200円

②基本展示観覧料
大人 510円
小・中学生 250円

①・②合計
大人 710円
小・中学生 450円

堀川遊覧船 こたつ船(堀川遊覧船)
松江の冬の風物詩
「堀川遊覧船のこたつ船」が
今年も運航を開始しました。

昔懐かしい「豆炭こたつ」で
ポカポカ体を温めながら、
城下町松江の素晴らしい景色を
眺めてみてはいかがでしょうか。

日時
4月10日まで毎日運航中!!

9:00~16:00(2月末まで)
9:00~17:00(3月1日~)


乗船料(一日乗船券)
大人(中学生以上)1,500円
小人(小学生)800円

※松江市民の方は、
松江市民料金をご利用いただけます。
受付にて、運転免許証等の住所が
確認できるものをご提示下さい。

佐陀神能ユネスコ無形文化遺産登録10周年記念特別展「佐陀神能-神々への奉仕-」(鹿島歴史民俗資料館)
「佐陀神能」が
「ユネスコ無形文化遺産」に
登録されて、今年で10周年を
迎えました。

「出雲流神楽の源流」と呼ばれ、
全国各地に伝わる里神楽に
大きな影響を与えた「佐陀神能」。

現在まで受け継がれてきた伝統と
その継承について紹介します。

日時
9月12日~2022年1月30日
9:00~17:00
(入館は16:30まで)
☆好評につき、
会期が延長されました!!

休館日
・月曜日
(祝日の場合は翌日の火曜日)

入館料
一般 300円
高校生以下 無料

一畑電車謎解き宝探しトレイン(一畑電車沿線)
松江と出雲を結ぶローカル私鉄
「一畑電車」。

1912年に一畑電車の前身である
「一畑軽便鉄道株式会社」が
設立されて、
今年で110年になるのを記念して、
一畑電車の沿線を舞台にした
「謎解きゲーム」が開催されます!!

各有人駅(松江しんじ湖温泉駅
・雲州平田駅・川跡駅・電鉄出雲市駅
・出雲大社前駅)で
「ばたでん謎解きブック」を
手に入れて、
電車に乗って謎解きの旅に
出かけよう!!

ゲームをクリアし、
アンケートに回答いただいた方には、
イベントオリジナルクリアファイルを
プレゼント!!(先着1,000名様)

また、ゲーム機・ホテル一畑宿泊券
・JAしまね特産品のプレゼントが
抽選で当たるよ!!

一畑電車沿線には宍道湖をはじめ、
松江しんじ湖温泉や
松江フォーゲルパーク・一畑薬師
・ゴビウス・出雲大社など、
家族や友達と楽しめる
魅力のある名所がたくさんあります。

車窓を眺めたり、
各観光名所や駅・電車と一緒に
記念撮影をしたり、
松江・出雲の美味しいグルメを
堪能したり・・・。
楽しい思い出を作りながら、
この謎解きゲームに
チャレンジしてみてくださいね!!

日時
1月14日~2月13日

場所
一畑電車沿線及び周辺観光スポット

料金
無料
※ただし、移動に関わる費用
(電車代)や
スマートフォン・タブレットの
通信料金等は参加者負担となります。

イベントに参加される際は、
一畑電車 1日フリー乗車券
(大人1,600円 ・子供800円)の
購入をおすすめします。
一畑電車 1日フリー乗車券の
詳細はコチラ

参加方法

①各有人駅(松江しんじ湖温泉駅
・雲州平田駅・川跡駅・電鉄出雲市駅
・出雲大社前駅)で
「ばたでん謎解きブック」を
手に入れよう!!

②記載されているQRコードを
スマホ・タブレットで読み取り、
解答Webページにアクセスしよう!!

③電車に乗って、
指定された場所へ行き、
ばたでん謎解きブックに
記された謎を解いて
答えを解答Webページに入力しよう!!

④すべての問題に正解したら、
アンケートに回答しよう!!

注意事項

・歩きスマホや、
歩きながらの謎解きは
大変危険ですので、お止めください。

・ゲームの所要時間の目安は、
210〜270分を想定しております
(個人差あり)。
また、開催期間中であれば、
複数の日に分けて
お楽しみいただけますので、
時間に余裕を持ってご参加ください。

・1時間に運行する電車の本数が
限られておりますので、
時刻表を確認しながらお楽しみ下さい。

・謎解きが難しい場合は、
Webページのヒントをご確認ください。

・他のお客様のご迷惑に
ならないようご注意、ご協力ください。
また、駅やチェックポイントにある
設置物を動かしたり、
壊したりしないで下さい。

・本イベント参加中の事故やケガ、
盗難、器物破損などで
発生した被害については
参加者個人の責任となり、
主催者側は責任を負いません。

・手指の消毒、マスクの着用、
ソーシャルディスタンスの確保など、
新型コロナウイルス感染拡大予防に
ご協力ください。

・37.5度以上の熱がある方、
体調が優れない方は、
日を改めてご参加下さい。

・感染拡大の状況により、
予告なく変更・中断する場合が
ございます。

假屋崎省吾×牡丹コラボレーション SEASON Ⅺ(由志園)
繊細で大胆な作風と
独特の色彩感覚に定評があり、
クリントン元米大統領来日時の式典や
天皇陛下御在位10年記念式典を
手掛けるなど、
国内外で幅広く活躍する
華道家・假屋崎省吾氏による
「花札の図柄をテーマにした
新たな試み part4」を
テーマにした作品が
由志園の牡丹の新しい世界を
引き出します。

梅や桜、月、紅葉などの
季節をテーマにした作品が、
由志園の日本庭園を華やかに彩ります。

また、1月22日~2月27日の夜には、
今シーズン最後のイルミネーション
「極彩色ライトアップ
ファイナルイルミネーション」を
開催!!

桜色のライトアップイルミネーションと
桜吹雪のプロジェクションが、
假屋崎氏の極彩色の作品群を
桜色のライトアップで染め上げます。

大根島の牡丹と花札、
そして桜の華麗なる共演を
由志園でお楽しみください。

日時
1月15日~3月31日
10:00~17:00

☆極彩色ライトアップ
ファイナルイルミネーション
1月22日~2月27日
17:00~20:00

入園料
大人 1,000円
小中高生 500円

もち花祭り(美保関町各地)
昭和の頃まで、
正月に各家庭で飾られていた
「もち花飾り」。
美保関ではクロモジの木を
白い餅で飾り、
神棚や床の間に飾っていました。

今ではほとんど
見られなくなってしまった
「もち花飾り」を旧暦のお正月に
美保関で再現します!!

美保神社周辺の旅館やホテル、
飲食店、商店、
そして民家のみなさんが
「もち花飾り」を掲げて
皆様をお出迎えします!!

「もち花」のクッキーやお茶も
販売されます。

また「美保関文化交流館」では、
もち花の木(クロモジ)の枝に
白いおもちを花のように
飾りつけする
「もち花飾りづくり」を
体験することができます。
作ったもち花飾りは
お持ち帰りいただけます。

ぜひ、美保関で昔懐かしい
日本の美しい文化を
お楽しみください。

日時
1月28日~2月6日

開催イベント

①オープニングイベント
(美保神社参道)
1月28日
9:30~
餅つき・もち花飾り作りに
無料で参加できます。

②もち花飾りづくり体験
(美保関文化交流館)
各日10:00~16:00
料金 500円
☆予約が必要です。(当日可)

※各イベントに参加される際は、
マスク着用、手指消毒、検温、
連絡先記入、
ソーシャルディスタンスの確保などの
新型コロナウイルス感染防止に
ご協力ください。

冬季企画展 「石と鉄道 」(来待ストーン)
「石」は、鉄道でも様々なところで
使用されています。
線路に敷かれている
「バラスト」(砕石)、
駅舎やプラットホームなどに
使用されている「建材」、
駅に設置された「石碑」や「彫像」、
トンネル工事の際に
記念品として採取された
「貫通石」・・・。

「鉄道の石」の歴史や使用事例、
来待石の輸送に利用されていた
宍道駅・来待駅の
歴史などを紹介します。

日時
12月15日~2022年2月27日
9:00~17:00
※最終入館は16:30)

場所
来待ストーンミュージアム

料金
一般 390円
小中学生 190円

休館日
火曜日
(火曜祝日の場合は翌平日)

陶器のひなかざり作り体験(来待ストーン)
3月3日の「ひなまつり」を前に、
粘土でお内裏様とお雛様を作ろう!!
自分で作ったひな飾りで、
楽しいひなまつりを迎えよう!!

日時
1月22日・23日
10:00~12:00
※申し込みが必要です。

場所
陶芸館

料金
2,500円

定員
各回10名

申し込み
来待ストーン
電話番号 0852-66-9050

ミニ企画展「出雲の陶芸と考古資料~周藤国実コレクション~」(八雲立つ風土記の丘)
郷土史家の故・周藤国実氏は、
幻の磁器・意東焼や
布志名焼といった数々の資料を
独力で蒐集し、
出雲の陶芸を後生に伝えることに
尽力されました。

風土記の丘周辺で採集された、
彼の考古資料や
出雲の陶芸の一端を紹介します。

日時
12月22日~2022年2月28日
9:00~17:00
(入館は16:30まで)

休館日
火曜日

入館料
一般 200円
大学生 100円
小中高生 無料

速報展示「県内初 奈良時代のヨロイ~出雲国府跡の小札(こざね)発見~」(八雲立つ風土記の丘)
出雲国府跡では、
平成27年から令和2年度にかけて、
島根県埋蔵文化財調査センターによる
発掘調査が行われていました。

調査の結果、奈良時代の甲冑を構成する
小さな板状の部品「小札」(こざね)が
発見されました。
島根県内で奈良時代の小札が
見つかるのは史上初めてです。

今回見つかった小札は出土状況から
甲冑本来の使い方ではなく、
地鎮などの祭祀のために埋納
もしくは散布された
可能性があります。

島根県立八雲立つ風土記の丘の
展示学習館で、
出雲国府跡出土の小札を初公開します。

日時
1月29日~2月28日
9:00~17:00
(入館は16:30まで)

休館日
火曜日

入館料
一般 200円
大学生 100円
小中高生 無料

風土記の丘 遺跡ラリー(八雲立つ風土記の丘周辺)
八雲立つ風土記の丘周辺には、
出雲国府跡や出雲国分寺跡、
山代二子塚古墳、岡田山1号墳などの
古代出雲にまつわる遺跡が
数多く残っています。

その中でもぜひ訪れてほしい、
10ヵ所の遺跡がカードになりました!!

遺跡と一緒に写真を撮って、
「遺跡カード」を集めよう!!
全部コンプリートできるかな?
※全部まわりきれなくても、
行った遺跡のカードがもらえます。

日時
1月5日~12月28日
(カードがなくなり次第終了)
9:00~17:00

対象の遺跡・カード配布場所

八雲立つ風土記の丘展示学習館で配布
・岩屋後古墳
・出雲国府跡
・出雲国分寺跡
・岡田山1号墳
・御崎山古墳
・古天神古墳

ガイダンス山代の郷で配布
・山代二子塚古墳
・山代郷北新造院跡
・山代郷正倉跡
・山代郷南新造院跡

参加方法

①各遺跡をめぐり、
カードをもらう本人と
遺跡が分かる写真を撮影しよう!!

②配布場所に行って、
施設の受付の方に写真を見せよう!!
写真をプリントしたもの、
スマホの画面でもOK!!

③行った遺跡のカードがもらえるよ!!

☆写真に写っている人数分のカードを
入手したい場合は、
写っている人全員で
受け取りに来てください。