10月 イベント情報

虫の詩 かそけきものの声音を愛す(小泉八雲記念館)
「虫」をこよなく愛した
作家・小泉八雲
(ラフカディオ・ハーン)。

無類の虫好きな彼は、
ファーブルの昆虫の本を愛読し、
「虫の音」を聞くために
松虫や鈴虫、草ひばりを飼うなど、
熱心に虫を研究していました。

代表作「怪談」の中では、
蝶・蚊・蟻の3つの虫の
特徴や進化論、
人間との関わり、
日本人の虫に関する文化などを
紹介しています。

今回の企画展では、
ハーンが愛用した虫籠や直筆原稿、
著作にみる昆虫のイラストなどの
資料を中心に展示し、
彼が感じた日本人の自然に対する心に
光をあてていきます。

日時
2022年6月26日~2023年6月11日

4月~9月
8:30~18:30(受付終了 18:10)
10月~3月
8:30~17:00(受付終了 16:40)

入場料
大人 410円
小・中学生 200円

松江水燈路2022(松江城・塩見縄手・堀川遊覧船)
松江の秋の風物詩「松江水燈路」。

一昨年と昨年は、
新型コロナウイルス感染拡大の影響で、
中止・インターネットでの
リモートでの開催でしたが、
今年は3年ぶりに通常通りの
開催となります!!

松江城と塩見縄手の周辺が、
市民の皆さんや地元の企業が製作した
手作りの行燈による
優しい光に包まれます。

毎年恒例の手作り行燈コンテスト、
松江城の夜間登閣、
堀川遊覧船の夜間運行なども
開催します!!

秋の夜長に、城下町松江を散策しながら
光の絶景を楽しんでみては
いかがでしょうか。

日時

10月
・1日
・2日
・8日
・9日
・10日
・15日
・16日

18:00~21:00

場所
松江城・塩見縄手・堀川遊覧船

イベント内容
※新型コロナウイルスの
感染状況により、
中止・変更となる場合があります。

①松江城及び周辺ライトアップ

秋の夜の城山公園に並ぶ
たくさんの行燈が作り出す
「希望の光」を
松江城天守のライトアップとともに
お楽しみください。
特に、二の丸上の段に並ぶ
「手作り行燈展」は見どころです。

②堀川遊覧船の夜間運航

松江水燈路の目玉イベントといえば、
この期間限定の
「堀川遊覧船の夜間運航」!!
堀川をゆっくりと進む遊覧船の船上で、
明るくて優しい船頭さんと
お話しをしながら、
松江城や塩見縄手の幻想的な光の風景を
楽しんでみてはいかがでしょうか。

時間
18:00~21:00
(最終受付は20:30)

ルート
大手前乗船場⇔ふれあい広場乗船場
☆片道運航
※開催日限定

所要時間
約20分

料金(片道)
大人 800円
小人 400円
※昼間の乗船券は使用できません。

定員
9人

③塩見縄手特別ライトアップ

江戸時代の面影が残る塩見縄手の道に
市民や地元企業の皆さんが製作された
行燈が並びます。


④松江城夜間登閣

水燈路開催日は、
夜も天守へ登閣することができます。
最上階「天狗の間」から、
夕日や松江の夜景を楽しめます。
また、興雲閣も夜間無料開放されます。

時間
18:00~21:00
(最終受付は20:30)

料金
大人 670円
小人 280円

⑤小泉八雲記念館 夜間開館

小泉八雲記念館も水燈路期間は、
夜間営業!!
「水燈路割」の特別料金で
入場できます!!

現在、企画展
「虫の詩 かそけきものの声音を愛す」が
開催中!!
ぜひ、ご来館ください。

時間
18:00~21:00
(最終受付は20:30)

料金(水燈路割)
大人 320円
小人 160円

⑥武家屋敷 特別ライトアップ

武家屋敷の庭園でも
ライトアップを行います。
普段は入ることができない、
夜の武家屋敷の庭園で
光の絶景をお楽しみください。

時間
21:00まで
(受付は20:30まで)

入場無料
(庭園のみ開放)

⑦水燈路宵屋台

大手前広場駐車場とふれあい広場に、
地元の美味しいグルメのお店や
ワークショップが大集合!!
ぜひ、ご家族やお友達と一緒に
足をお運びください。
☆出店情報はコチラ

その他にも様々なイベントを
開催します。
☆その他のイベントはコチラ

松江祭鼕行列 2022(松江城~松江大橋~白潟天満宮)
「松江水燈路」とともに
松江の秋の風物詩である
「松江祭鼕行列」。

松江水燈路と同様に
新型コロナウイルスの
感染拡大の影響で、
一昨年と昨年は
中止となってしまいました。

今年3年ぶりに、城下町松江に
「鼕」の大きな音が響き渡ります!!

「鼕 」(どう) とは、
出雲地方での太鼓のこと。
打ち面を上にむけた大きな鼕を
山車 (だし) 屋台に載せて、
多数の老若男女が打ち鳴らしながら、
松江城から松江大橋を渡って、
白潟天満宮までの道を練り歩きます。

松江鼕行列の歴史は、
古来から行われていた正月行事
「左義長」(さぎちょう)・
いわゆる「どんど行事」が
始まりとされています。

1607年に堀尾吉晴公が
松江を開府すると、
城下では小正月の「とんど行事」に、
「歳徳神」と記した額を先導にして、
歳徳神の宮 (神輿) を担ぎながら、
鼕をたたき、笛・
チャンガラ(和楽器の金拍子・銅拍子) を
鳴らしながら街を歩いて、
五穀豊穣を願いました。

その後、大正4年 (1915 年)の
大正天皇即位の御大典をお祝いし、
38町内の各町が
屋根付きの鼕宮 (鼕台) を造り、
市内を行列しました。

これ以降、松江鼕行列は
現在まで市民に愛され、
伝統が受け継がれています。

お腹に響く、「鼕」の
迫力のある勇壮な音を
お楽しみください。

日時

10月16日

12:00
松江城(島根県庁前)集合

13:00~
松江祭鼕行列式典
(松江城大手前駐車場)

13:25~
先頭出発
島根県庁前→松江城大手前駐車場→
北殿町交差点→東京橋交差点→
松江大橋→
市民活動センター(スティックビル)→
白潟天満宮
(16:30までには終了予定)

関連イベント

①鼕祭り

【日時】
10月1日
19:00~21:00

【場所】
松江城大手前

②宵宮 (前夜祭)

【開催日】
10月15日

【場所・時間】

橋北会場(松江城大手前)
18:30~21:00

橋南会場(松江駅北口)
18:30~20:30

<スポット展示>いろいろな松平直政初陣図(松江歴史館)
1938年に信濃国松本(長野県)から
出雲に入国した「松平直政」。

松江藩松平家初代藩主となり、
松江城城主として、
京極家の跡を継ぎました。

徳川家康が大坂城の豊臣秀頼を攻めた
「大坂冬の陣」で、
わずか14歳の若さで
初陣を果たした直政は、
1人で先駆けして真田丸に
攻め込もうとするなど活躍し、
周囲の人々を驚かせました。

この初陣の直政の様子を描いた
「松平直政初陣図」は、
幕末の松江藩御用絵師の
陶山勝寂による作品をはじめとした、
多くの画家による作品が
存在しています。

いずれの作品もよく似た構図を
していますが、
直政の顔や、馬、甲冑、真田丸などが
異なった表現で描かれています。

本展では、現存作品のうち
2品を展示しています。
ぜひ、違いを見比べてみてください。

日時
10月30日まで開催中!!
9:00~17:00
(観覧受付は16:30まで)

休館日
月曜日
(祝日の場合は、翌平日)

展示場所
基本展示室内最終コーナー

料金
大人 510円
小・中学生 250円
※基本展示観覧料に含みます。

<特別展>古代出雲の中心地・松江―田和山・神後田から国府・国分寺へ―(松江歴史館)
松江市立病院のそばにある
田和山(たわやま)遺跡。

山頂のわずかな空間を、
三重の堀で囲んだ巨大な遺跡で、
弥生時代の祭祀の拠点であったと
いわれています。

この遺跡の近くで、集落を堀で囲んだ
神後田(じごで)遺跡が発見され、
古墳時代には、意宇(おう)の地
・松江市南部に
県内最大の山代二子塚
(やましろふたごづか)古墳など
多数の古墳が集中して築かれており、
やがて出雲国の中心地として
国府や国分寺が整備されていったことから、
この「田和山遺跡」は、
出雲国の誕生や発展に
深く関わりのある遺跡として、
注目を集めています。

松江市南郊から出土した遺物を中心に、
弥生時代前期末から中期初頭に
田和山遺跡と神後田遺跡が出現して以降、
意宇の地が古代出雲の中心地と
なっていく様子を紹介します。

日時
10月14日~12月11日
9:00~17:00
(観覧受付は16:30まで)
※10月14日は
オープニングセレモニー開催のため、
10:00~

休館日
月曜日

料金
大人 600円
小・中学生 300円

デジタルスタンプラリー『わたしにぴったりの松江旅』(松江市内全域)
JR西日本の公式移動生活アプリ
「WESTER」を使用した
デジタルスタンプラリーを
松江市内で開催!!

WESTERをダウンロードして
質問に答えると、
AIがあなたにおすすめの
「松江観光オリジナル
スタンプシート」を作成するよ!!

松江の観光施設や飲食店をめぐって、
食事・体験・温泉・歴史伝統・景観の
5つのカテゴリーの
スタンプを集めよう!!

3つのカテゴリー達成で、
松江の選りすぐりのお土産を
抽選でプレゼント!!
4つ・5つクリアで当選確率がアップ!!

松江城や塩見縄手といった
江戸時代の面影が残る
「城下町松江」、
宍道湖や日本海の美しい夕日・
お城を囲む堀川などの
「水の都松江」、
縁結びの神社・八重垣神社を
はじめとした、市内各地にある
「ご縁スポット」、
しじみや出雲そば・ぜんざい・
抹茶・和菓子などの
美味しいグルメなど、
松江の街には、まるで
「テーマパーク」のように
様々な魅力が詰まっています。

この秋はぜひ、
松江に遊びに来てくださいね!!

日時
9月15日~10月31日

参加方法

①JR西日本公式移動生活アプリ
「WESTER」をダウンロードしよう!!

②WESTERのホーム画面にある
「おトクにGO!」から
『わたしにぴったりの松江旅』ページに
アクセスしよう!!

③質問に答えて、あなたオリジナルの
「松江観光スタンプシート」を
AIに作成してもらおう!!
(変更することも可能です。)

④対象スポットで、
あなたの5つのスポットをめぐり、
スタンプを集めてアンケートに答え、
賞品の抽選に応募しよう!!

☆賞品や対象施設は、
ホームページをご覧ください。

祈りの仏像 出雲の地より(島根県立美術館)
自然災害や天候不順、疫病、
近しい人の死・・・。

私たち人間は、自分たちの力では
どうすることもできない「不幸」に
見舞われた時、
仏様や神様に祈りを捧げて、
困難に立ち向かってきました。

かつて「出雲国」と呼ばれた
島根県の東部地域は、
古代から地域性豊かな歴史文化を
育んだことで知られています。

その出雲の国で飛鳥時代から鎌倉時代に
製作された仏像を展示し、
出雲国600年の仏像史を紹介します。

日時
9月16日~10月24日

9月16日~9月30日
10:00~日没後30分
(展示室への入場は日没時刻まで)

10月1日~10月24日
10:00~18:30
(展示室への入場は18:00まで)

休館日
火曜日

料金

オンラインチケット
(コレクション展とのセット販売)
大人 1,000円
☆オンラインチケットの
お申し込みはコチラ

当日券(企画展のみ)
大人 1,300円
大学生 900円
小中高生 400円

当日券(コレクション展とのセット販売)
大人 1,450円
大学生 1,000円
小中高生 400円

水辺のマーケット(白潟公園)
宍道湖大橋南詰、宍道湖の
河口のそばにある「白潟公園」に
地元のお店が大集合!!

コーヒーやお茶、
カレー、サンドイッチなどの
美味しいドリンクやグルメ、
古本やお花、雑貨などの
様々なお店が出店します。

また、スポーツ鬼ごっこや
タグラグビー、グラウンドゴルフ、
バランスボール、
フライングディスクなどの
スポーツを体験できます。

宍道湖や大橋川の夕日や景色を、
美味しいドリンクやグルメと共に
眺めるのもよし、
秋晴れの中、思いっきりスポーツを
楽しむのもよし。

秋のお出かけにぜひ、
足をお運びください。

日程

朝のマーケット
10月8日・11月6日
9:00~13:00

お昼のミニマーケット
9月28日・10月5日・10月12日・
10月19日・10月26日・11月2日
11:00~14:00

夕方のミニマーケット
9月28日・9月30日・10月5日
18:30~20:30

宵のマーケット
10月7日
17:00~21:00

注意事項
・雨天の場合、中止します。
・スポーツ・アクティビティの
参加には、申し込みが必要です。
お申し込みはコチラ

2022 仲秋の嫁ヶ島(宍道湖・岸公園)
宍道湖夕日スポットの
岸公園から船に乗って、
嫁ヶ島へ行ってみませんか?

普段は行くことができない、
嫁ヶ島から眺める松江市内の景色を
楽しもう!!
島では、スタッフさんによる
歴史ガイドや
抹茶と和菓子の湖上茶席もあるよ!!

松江・宍道湖のシンボルである
嫁ヶ島の歴史をみんなで学ぼう!!

イベント内容

①矢田渡船での運航&湖上茶席

【日時】
10月8日・9日・10日
10:00~16:00

【料金】

渡船料
大人 1,000円
小人 500円
幼児 無料

湖上茶席(抹茶&和菓子)
300円

②小型渡船での運航
(湖上茶席はありません)

【日時】
10月15日・16日・22日・23日
10:00~16:00

【渡船料】
大人 800円
小人 400円
幼児 無料

マツエハロウィン(松江テルサ~駅通り~天神ロータリー)
10月31日は、「ハロウィン」!!

松江駅の駅前通りで
「仮装パレード」を開催!!
「松江テルサ」から
「天神ロータリー」までの道を、
お菓子を配りながら行進します!!
参加してくれたお子様には、
プレゼントがあるよ!!

また、天神ロータリーでは、
ダンスパフォーマンス・
仮装コンテストや
屋台の出店があります。

みんなで松江のハロウィンを
楽しもう!!

日時
10月30日

①仮装パレード・トリックアトリート
・ストリートウォーク
(松江テルサ→駅通り
→天神ロータリー)
12:30~

②ダンスパフォーマンス・
仮装コンテスト
(天神ロータリー)
・子供部門
・大人部門
13:30~

③プチ縁日&プチ屋台
(天神ロータリー)

SHIRAKATA tocotoco トコトコ (白潟本町通り)
松江市民活動センター
(スティックビル)と
松江大橋を結ぶ商店街
「白潟本町商店街」で、
社会実験を実施します。

「広くて歩きやすい歩行空間と
お店などが連なる
賑わいのある通り」の実現を目指し、
白潟本町通りに交通規制を設けて
歩道を広くし、
地域住民や観光客の皆さんが
安心してイベントやお買い物を
楽しめる「歩行空間」を作ります。

地元の飲食店のキッチンカーや
屋台の出店、
パフォーマンスショーの開催など、
家族や友人と楽しい時間を
過ごすことができるイベントです。

ぜひ、足をお運びください。

開催日
10月14日までの金・土・日曜日・祝日

時間

金曜日・土曜日
(9月30日・10月1日・
7日・8日・14日)
①11:00~14:00
②17:00~20:00

日曜日
(10月2日・9日)
11:00~14:00

祝日(10月10日「スポーツの日」)
11:00~16:00

ペンギンのお散歩~ハロウィン衣装~(松江フォーゲルパーク)
10月31日は、「ハロウィン」。

今年も松江フォーゲルパークの
ペンギンたちが、
ジャック・オー・ランタンや
お化け、コウモリなどの
ハロウィンの衣装を着て
お散歩します。

かわいいペンギンたちと
記念撮影をしてみては
いかがでしょうか。

日時
10月1日~31日
①10:30~
②14:00~

場所
トロピカルエイビアリー

入園料
大人 1,500円
小中学生 750円
幼児 無料

宍道湖沿線ファミリー月間2022(一畑電車沿線・宍道湖北岸の各施設)
松江と出雲を結ぶ、
一畑電車沿線にある
宍道湖北岸の7つの施設で、
体験型スタンプラリーを開催!!

各施設に用意された
体験ブースを巡って、
スタンプを2個ゲットしよう!!

抽選で素敵なプレゼントが当たるよ!!
ぜひ、家族や友達と
一畑電車に乗って挑戦してね!!

日時
10月1日~31日

対象施設

【松江市】
・道の駅 秋鹿なぎさ公園
・松江フォーゲルパーク

【出雲市】
・宍道湖公園 湖遊館
・島根県立宍道湖自然館ゴビウス
・宍道湖グリーンパーク
・一畑電車 雲州平田駅
・島根県立古代出雲歴史博物館

2022年度企画展「狭田国(さだのくに)開発史」(鹿島歴史民俗資料館)
「出雲国風土記」に記載されている
「国引き神話」。

「八束水臣津野命」
(やつかみづおみづぬのみこと)が
海の向こうにある
遠くの国の余った土地を引っ張り、
繋ぎ合わせたのが、
現在の島根半島と言われています。

その中で、現在の
松江市鹿島町西部から
出雲市小津にかけての地域は、
「狭田国」(さだのくに)と呼ばれ、
古くから農業が盛んでした。

洪水の被害に何度も悩まされた
「狭田国」。
現在の美田に至るまでの苦難を
何枚もの砂礫層が残る
剥ぎ取り土層断面で紹介します。

また、低湿地の木の除根用の
大量の石鍬、湿田用の田下駄、
農耕具などの
この地域の開発に使用された
道具を展示します。

日時
10月9日まで開催中!!
9:00~17:00
(入館受付は16:30まで)

休館日
月曜日
(祝日の場合、翌日)

料金
一般・大学生 300円
高校生以下 無料

第三回 神座 ー神々への舞ー 各地に傳わる 御神体出現の舞(佐太神社)
「出雲流神楽の源流」と呼ばれ、
全国各地に伝わる里神楽に
大きな影響を与えたとされている
「佐陀神能」。

昨年、2021年に
ユネスコ世界無形文化遺産
登録10周年を迎えました。

第3回となる「神座 神々への舞」の
今回のテーマは、
記紀神話の一つである
天岩戸神話に代表される
「神体出現」。

松江市の「佐陀神能」
宮崎県の「高千穂神楽」
隠岐の島町の「久見神楽」
出雲市の「大土地神楽」の
4つの神楽団体が、
各地に伝わる御神体出現の舞を、
昨年に改修工事を終えた舞殿で
奉納します。

各地に伝わる神楽の魅力を
知ることができる絶好の機会です。
ぜひ、家族で佐太神社に足を
お運びください。

日時
10月2日
9:30~17:00

イベント内容

9:10
受付開始

9:30
子供神楽
真ノ神楽、八乙女

10:15
佐陀神能
入申、手草

10:40
高千穂神楽
岩潜りの舞、手刀雄の舞、
細女の舞、戸取の舞、
御神躰の舞

12:20
久見神楽
神途舞、猿田彦、恵比須

13:30
大土地神楽
野見宿禰、八千矛

15:10
佐陀神能
大社、日本武、成就神楽

17:00
閉幕

料金
無料

注意事項

写真撮影は禁止です。

・新型コロナウイルスの
感染状況によっては、
中止や延期、内容変更の
場合があります。

・新型コロナウイルスの感染防止に
ご協力ください。
①検温や記名をお願いします。
②発熱や体調不良時の入場は
ご遠慮ください。
③会場では、入場制限や会場整理を
行うことがあります。

八雲の庭園(由志園)
今年も由志園の夏の風物詩
「八雲の庭園」が始まりました。
西日本最大級の池泉回遊式庭園が
霧と光に包まれます。

園内5ケ所にある「霧のミスト」は、
水が蒸発するときの気化熱により、
周囲の温度を2~3℃下げる
効果があると言われています。

条件が整えば美しい光芒を
見ることができます。

また、「風鈴小径」も設置されており、
風鈴の音に霧のミストが相まって、
とても涼しい空間となっています。

徐々に秋が近づいてきましたが、
10月に入っても、
日中の気温が高い日が
続く予報が出ています。

涼しい霧のミストに包まれながら、
紅葉が進む日本庭園を
散策してみてはいかがでしょうか。

日時
10月15日まで開催中!!
10:00~17:00
(最終入園は16:30)

入園料
16:30まで
大人 800円
小中高生 400円

10万輪のダリア 池泉天竺牡丹(由志園)
松江市の姉妹都市である
兵庫県宝塚市は、
日本一のダリアの苗産地です。

宝塚駅が特急列車「やくも号」の
停車駅だったことから、
昭和42年(1967年)に
姉妹都市の協定を締結しました。

今年は、両市の姉妹都市提携
55周年の記念の年です。

「天竺牡丹」の和名を持つダリア。
「牡丹」の日本一の産地である
大根島・由志園の日本庭園の池泉に、
同じく日本一の宝塚市上佐曽利の
ダリア10万輪が豪華に浮かびます!!

松江市と宝塚市の深い絆が生み出す
絶景をぜひ、お楽しみください!!

また、11月3日~6日には、
ライトアップも開催されます。
お楽しみに!!

日時

10月15日~11月6日
10:00~17:00
(最終受付は16:30まで)

☆夜間ライトアップ
11月3日~6日
日没~20:00

料金
大人 1,000円
小中高生 500円

美保関灯台ナイト(美保関灯台)
現役の灯台として初めて、
国の登録有形文化財に指定された
「美保関灯台」。

今年の2月9日には、
国の重要文化財にも指定されました。

その美保関灯台で、
ライトアップイベントを開催します。
日本海と島根半島を
バックに沈む夕日と、
青く光り輝く美保関灯台の夜の絶景を
お楽しみください。

日時
10月8日・9日

【両日共通開催イベント】
①灯台ライトアップ
18:30~21:00

②日本海の夕焼け
「マジックアワー」に出会う。
17:40頃~18:50

③灯台ビュッフェCafe
21:00まで

④オリジナル灯台キャラクター
「燈の守り人」の缶バッヂを
先着50名様にプレゼント!!

⑤会場で松江観光協会美保関町支部を
LINE友達に登録された先着30名の方へ
「どじょう掬いまんじゅう」を
プレゼント!!

【代替開催】65歳以上無料開放(メテオプラザ)
台風14号の接近に伴い
延期しておりました
「敬老の日65歳以上無料開放」を
10月10日のスポーツの日に
実施します。

メテオミュージアムの
「美保関いん石」の見学や
サウナ・浴場での
リラックスタイムなど、
メテオプラザで楽しい1日を
お過ごしください。

日時
10月10日

①メテオミュージアム
9:00~17:00
(最終受付16:30)

②サウナ・浴場
10:00~18:00
(最終受付17:30)

③リラックスルーム
10:00~18:00
(最終受付17:30)
※トレーニングマシーンの
利用も同じです。

対象
65歳以上の方
※特に、証明書などのご提示は
必要ありません。

丘のクラフト展vol.9 -2022-(出雲かんべの里)
出雲かんべの里の秋の恒例イベント
「丘のクラフト展」。

今年もかんべの里に、
山陰にゆかりのあるつくり手が
集まります。
木工や陶芸、織物などの
つくり手のみなさんが
丹精込めて作り上げた作品が並びます。

また、地元の飲食店による
美味しいドリンクやグルメ、
お花屋さんのお花の販売もあります。

10月最初の休日のお出かけにぜひ、
かんべの里へお越しください。

日時
10月1日・2日
9:00~16:00

クラフト出展
・吾郷屋(製本・紙)
・飯田奈央(染織)
・石川哲(アイアン製インテリア)
・石橋優(陶)
・f23(つまみ細工)
・オカダ木工舎(木工)
・加納江里子(絵)
・木本紗綾香(陶芸)
・坂本祐樹(木工)
・法勝寺焼 松花窯(陶芸)
・漆工房 小小(漆)
・田中文哉(陶芸)
・陶風舎(陶芸)
・富永琢磨(木工)
・長崎 誠(籐細工)
・glasshouse pase’(ガラス)
・濱田幸介(木工轆轤)
・浜知有加子(金工)
・福島祐紀(陶芸)
・potter’s cafe(陶磁器)
・covaci MAJIBON(裂き織り)
・三島純子・三島千寿子(織物)
・村山創達(木工)
・山本将之(陶芸)
・結工房(染織)

フード&ドリンク
※店舗によって開始時間が異なります。
ご注意ください。

9:00~
・自家焙煎燕珈琲
・紅茶専門店Pungency

9:30~
・ハーブティーyado (1日のみ)

10:00~
・BISTROCoeur
・COCHICA
・SUPREME HoTEL
・タパタパ
・LABKITCHEN (1日のみ)
・IGGY’s SHOP (2日のみ)
・カフェブラウニー (2日のみ)

フラワー
9:00~
・Lamparfe (1日のみ)
・huà (2日のみ)

八雲立つ風土記の丘開所50周年記念並河萬里写真展「シルクロードのかざり」(八雲立つ風土記の丘)
今年で開所50周年となる
島根県立八雲立つ風土記の丘。

シルクロードをメインに
世界の遺跡を撮り続けた
世界的写真家・並河萬里氏は、
第二次大戦中に疎開で松江へ
移り住んでいたことの縁で、
多くのコレクションが
しまね文化振興財団写真文化事業室に
寄贈されています。

シルクロードによって繋がった
各地の遺跡や都市、文化は、
様々な「かざり」で彩られ、
現代にも受け継がれています。

並河氏がとらえてきた
シルクロードの風景を、
「かざり」をキーワードに辿ります。

日時
8月13日~10月10日
9:00~17:00
(最終入館は16:30)

入館料
無料

場所
ガイダンス棟

休館日
火曜日

特別展「出雲・石見・隠岐の古墳文化」(八雲立つ風土記の丘)
古墳時代の出雲地方の祭祀、玉造、
隠岐の島町の大座西2号墳の
実態の解明、
益田市周辺を中心に
石見地方の重要な古墳の
発掘調査や資料が再検討されるなど、
近年の島根県では、古墳時代の研究が
盛んにすすんでいます。

出雲・石見・隠岐それぞれの
重要な資料に光をあて、
島根の古墳文化を紐解きます。

日時
9月10日~11月20日
9:00~17:00
(入館は16:30まで)

休館日
・火曜日
(祝日の場合は翌水曜日)

料金
大人 300円
大学生 200円
高校生以下 無料

第46回ガイダンス山代の郷ロビー展「展覧会ポスターで振り返る風土記の丘の50年」(ガイダンス山代の郷)
今年9月9日に開所50周年を迎える
島根県立八雲立つ風土記の丘。

これを記念して、
これまでに開催してきた数多くの
展覧会のポスターを展示し、
50年の歩みを振り返ります。

日時
8月20日~10月17日
9:00~16:30
(入館は16:00まで)

入館料
無料

休館日
火曜日

風土記の丘 遺跡ラリー(八雲立つ風土記の丘周辺)
八雲立つ風土記の丘周辺には、
出雲国府跡や出雲国分寺跡、
山代二子塚古墳、岡田山1号墳などの
古代出雲にまつわる遺跡が
数多く残っています。

その中でもぜひ訪れてほしい、
10ヵ所の遺跡がカードになりました!!

遺跡と一緒に写真を撮って、
「遺跡カード」を集めよう!!
全部コンプリートできるかな?
※全部まわりきれなくても、
行った遺跡のカードがもらえます。

日時
1月5日~12月28日
(カードがなくなり次第終了)
9:00~17:00

対象の遺跡・カード配布場所

八雲立つ風土記の丘展示学習館で配布
・岩屋後古墳
・出雲国府跡
・出雲国分寺跡
・岡田山1号墳
・御崎山古墳
・古天神古墳

ガイダンス山代の郷で配布
・山代二子塚古墳
・山代郷北新造院跡
・山代郷正倉跡
・山代郷南新造院跡

参加方法

①各遺跡をめぐり、
カードをもらう本人と
遺跡が分かる写真を撮影しよう!!

②配布場所に行って、
施設の受付の方に写真を見せよう!!
写真をプリントしたもの、
スマホの画面でもOK!!

③行った遺跡のカードがもらえるよ!!

☆写真に写っている人数分のカードを
入手したい場合は、
写っている人全員で
受け取りに来てください。