3月 イベント情報

小泉八雲、妖怪へのまなざし(小泉八雲記念館)
今年は小泉八雲の生誕170年、
来日・来松130年の記念の年です。

人生で70話を超える世界の怪談を
採集・再話した小泉八雲。

そんな八雲の再話作品の中から、
特に原典が確認できる
江戸・明治初期の和装本
(富山大学附属図書館所蔵)による
約20話の比較展示、
妖怪文化が花開いた江戸期の妖怪絵巻
(湯本豪一記念日本妖怪博物館
〔三次もののけミュージアム〕所蔵)、
『妖魔詩話』より
八雲の解説・イラストと
『狂歌百物語』の比較展示を展示します。

また、QRコードによる
八雲作品の読み取りのほか、
妖怪漫画家水木しげる氏による
イラスト(水木プロダクション所蔵)
などを展示します。

日時
2020年6月27日~2021年6月6日

4月~9月
8:30~18:30(受付終了 18:10)
10月~3 月
8:30~17:00(受付終了 16:40)

入場料
大人 410円
小・中学生 200円
<企画展>アニメーションの源流・錦影絵「光で遊ぶ道具たち」(松江歴史館)
9世紀はじめにオランダから
日本に伝わった、「錦影絵」。

江戸時代後期から明治末にかけて
人気を集めていました。

ガラスの薄板に
浮世絵風に描いた種板を
風呂という木製幻灯機で投影し、
和紙のスクリーンに
映し出していたことから、
カラーアニメーションの源流と
いわれています。

松江にも関西方面に出掛けていた
興行師が居ました。

松江歴史館が所蔵する
現存最古級・大型とされる
当時の道具と
彩色絵一式
(市指定文化財、135点)を中心に、
懐かしい幻灯機やフィルム映写機、
万華鏡、ステレオカメラなど
子どもの遊びも含めた
光を使う道具たちを展示します。

☆観覧者には35ミリフイルムの
しおりをプレゼント!!

日時
2月21日~3月21日
※3月18日は休館

8:30~17:00
※観覧受付は16:30まで

観覧料
大人 300円
小・中学生 100円
【松江歴史館開館10周年記念】感謝プレゼント(松江歴史館)
松江歴史館は、2021年3月19日で
開館10周年を迎えます。

このことを記念して、
山陰の特産品や松江の和菓子、
松江歴史館図録セットなどが当たる
抽選プレゼントを実施します!!

松江藩千体不動尊守札や
松江城ポストカード、
缶バッジなどがその場で当たる、
ハズレなしの「富くじ」も同時開催!!

日時
1月1日~3月12日

☆基本展または企画展を
観覧された方に、
受付にて応募券を
1枚お渡しします
(1日1枚)。

1枚の応募券で
「抽選プレゼント」か「富くじ」の
どちらに参加するか
お選びいただきます。

抽選プレゼントへのご応募は、
実施期間中に館内の応募箱に
応募券を投函してください
(後日、抽選を行います)。

富くじは、
期間中随時ご参加いただけます。

いずれも期間中何回でも
ご参加いただけます
(1枚で1回)
松江歴史館開館10周年記念イベント(松江歴史館)
松江歴史館は、
今年の3月19日で開館10周年!!
開館10周年を記念して、
様々なイベントが開催されます。

①松江歴史館・
松江ホーランエンヤ伝承館
無料開放(3月13日・14日)
3月13日と14日は、松江歴史館
・松江ホーランエンヤ伝承館が
無料開放!!

この機会に松江やホーランエンヤの
歴史を学んでみては
いかがでしょうか。

②紅白餅進呈
(3月13日・14日・19日)
各日午前と午後に1回ずつ、
先着20名様に紅白餅をプレゼント!!
※密を防ぐため、
配布時間は未公表です。

③春雨や落雷落語会
3月20日 14:00~)
松江在住の落語家・春雨や落雷による
落語会です。
手ぬぐいが当たる抽選会も!!

料金
1,000円

定員
当日先着50名
※整理券を配布します。

④小学生活弁士・澤田四幸が語る
無声映画上映会
(3月21日 11:00~12:00)
この春小学校を卒業する
飯南町の活動弁士・澤田四幸の
語りで無声映画を上映します、

料金
300円

定員
50名
※予約優先です。
お申し込みは、松江歴史館 
電話番号 0852-32-1607まで。
<スポット展示>よみがえった瓦たち-松江歴史館を護る鬼-(松江歴史館)
松江歴史館が建っている場所は、
江戸時代には重臣の屋敷地として
利用されていました。

建設前に行われた発掘調査で、
多数の瓦が出土したことから、
格式のある武家屋敷であったことが
判明しました。

松江歴史館の屋根を飾る瓦は、
発掘調査で見つかった瓦を参考に
復元しています。

その発掘調査で見つかった
瓦を展示し、
復元の参考にした理由と
特徴を紹介します。

日時
2月19日~4月4日

観覧料

基本展示観覧料に含みます。
大人 510円
小・中学生 250円
第52回 松江椿まつり(松江市総合文化センター・松江城城山公園椿谷)
この時期に見頃を迎える
松江市の花「椿」。
そんな椿を見て楽しむイベントです。

椿展示会(松江市総合文化センター)
3月13日・14日

山陰地方の椿の展示や苗の販売、
椿をテーマにした作品を展示します。
苗の無料配布も開催!!
(1人1本、200名)
※苗の無料配布は、
事前に申し込みが必要です。

申し込み(郵送、FAX、メール)

松江市観光文化課
〒690-8540 島根県松江市末次町 86
TEL 0852-55-5517
FAX 0852-55-5634
E-mail : bunka-kakari@city.matsue.lg.jp
※「椿苗無料配布」を明記し、
住所・名前・連絡先を
記入してください。

椿谷探訪(松江城城山公園椿谷)
3月14日 10:00~12:00

日本3大ヤブツバキ群のひとつである、
松江城城山公園の椿谷公園を
山陰カメリアンクラブの案内で
散策します。

定員
60名
※事前に申し込みが必要です。

申し込み(郵送、FAX、メール)

松江市観光文化課
〒690-8540 島根県松江市末次町 86
TEL 0852-55-5517
FAX 0852-55-5634
E-mail : bunka-kakari@city.matsue.lg.jp
※「椿谷探訪」を明記し、
住所・名前・連絡先を記入してください。

集合場所
島根県庁北 千鳥橋東屋

参加費
無料

アイリッシュ・ウィーク in Matsue 2021(市内各地)
「怪談」や「知られぬ日本の面影」
などの多くの作品で
日本を世界に紹介した
文豪・小泉八雲
(ラフカディオ・ハーン)。

彼は来日後、
松江で1年間過ごしました。

その縁で松江市は、
小泉八雲の故郷、アイルランドとの
交流が盛んに行われている街です。

そんなアイルランドでは、
キリスト教を広めた
聖パトリックの命日である3月17日を
「セント・パトリックス・デイ」
として盛大にお祝いし、
シャムロックを服に着けたり、
パレードやミサを行います。

パレードは世界各地で行われており、
日本でも16の県で開催され、
ここ松江でも
アイルランドのイメージカラーである
緑色の衣装や
クローバーのデザインの衣装を
着て行進します。

残念ながら今年は
新型コロナウイルスの影響で、
パレードは中止となりましたが、
市内各地でイベントを開催し、
松江の町が緑一色で彩られます。

①グリーン・ライトアップ
松江市内3ヵ所がアイルランドの
緑色にライトアップ!!

3月1日~21日
カラコロ工房

3月12日~14日
松江城

3月14日~17日
TSKさんいん中央テレビTVタワー

②緑の遊覧船(堀川遊覧船)
3月13日~21日は、
堀川遊覧船の屋根が緑に!!
船頭さんも緑でお迎えします。

③へるんさんのふるさと
アイルランドこども展
(小泉八雲記念館)
松江市内の小学校4年生の
子どもたちが、
小泉八雲とそのふるさと
アイルランドについて、
調べ学習をした成果を展示します。

2月28日~3月27日
小泉八雲記念館2階 多目的スペース
牡丹コラボレーション假屋崎省吾展 2021(由志園)
独特の色彩感覚に定評があり、
国内外で幅広く活躍する華道家、
假屋崎省吾氏による
花札の図柄をテーマにした作品が
牡丹の新しい世界を引き出します。

日時
1月16日~3月31日
9:00~17:00

入園料
大人 1,000円
小中高生 500円
幼児 無料
陶器のこいのぼり作り体験(来待ストーン)
1kgの粘土でこいのぼりを作ろう!!
花入れにもなるよ。
4月10日までに焼き上がります。

日時
3月7日・14日
10:00~12:00

料金
2,500円
※材料費・指導料を含みます。

定員
10名
※3月5日までに、申し込みが必要です。

申し込み
来待ストーン
電話番号 0852-66-9050
来待ストーン ミニうつわ展-春を呼ぶ花入れ-(来待ストーン)
来待ストーン陶芸館の
陶芸作家たちのうつわの
展示販売です。

毎回テーマを決めており、
今回は「花入れ」がテーマです。

それぞれの作家の春を演出する
花入れをお楽しみください。

日時
3月12日~29日
9:30~17:00

休館日
毎週火曜日・水曜日・木曜日

料金
見学無料
企画展「発掘された島根の中世城館~戦・暮らし~」(八雲立つ風土記の丘)
月山富田城や津和野城を始め、
県内に約1000件以上の
中世城館が存在する島根県。

近年、県内で中世城館の
発掘調査が相次ぎ、
これまでの山城のイメージを
覆す新たな知見が得られています。

そこで改めて発掘調査された
島根の中世城館について紹介します。

日時
1月16日~3月8日
9:00~17:00(入館は16:30まで)

休館日
火曜日
(祝日の場合は翌日)

入館料
大人 300円
大学生 200円
高校生以下 無料
啓蟄の森歩き(出雲かんべの里)
森林インストラクターと一緒に、
かんべの里の「からすてんぐの森」を
散歩して「春」を見つけよう!!

最後に焚火をかこんで、
ふりかえり会をします。
平日と休日の2日間開催!!

日時
3月7日
9:00~12:00頃
3月10日
9:00~12:00頃

集合場所
かんべの里・からすてんぐの森入口
(民話館の隣)

定員
15人
※申し込みが必要です。
メール:info@kanbenosato.com

参加料
500円
幼児無料
企画展 菊竹清訓 山陰と建築(島根県立美術館)
島根県立美術館の設計を手掛け、
自邸《スカイハウス》や
《出雲大社庁の舎》といった作品や、
建築運動「メタボリズム」など
国際的に高い評価を受けている
戦後の日本を代表する建築家、
菊竹清訓の菊竹による
山陰地方の建築や作品、
未来都市の構想を紹介します。

日時
3月22日まで開催中

1・2月 10:00~18:30
3月 10:00~日没後30分
※展示室への入場は、
閉館の30分前まで

休館日
火曜日(2月23日は開館)

観覧料

一般
日時指定当日券 650円
オンライン日時指定入場券 600円

大学生
日時指定当日券 400円
オンライン日時指定入場券 400円

高校生以下
無料

☆本展は感染症対策のため、
事前の日時指定による
定員制となります。

パスポート会員の方の日時指定は
必要ありません。

当日定員に空きがある場合は、
館内・総合受付にて
日時指定当日券をお買い求めの上、
ご観覧いただけます。

企画展のみの入場券販売は
ございません。
セット券
(当館コレクション展観覧料を含む)
での販売となります。