白潟天満宮

島根県立美術館から天神川を渡って
東に進むと見えてくる、
学問の神様として有名な
菅原道真公を祀る神社です。

富田城内(現安来市)に
長く祀られていましたが、
松江城を築城した堀尾吉晴が
ここ「白潟」の地に奉遷しました。

それ以降、歴代松江藩主の尊崇を受け、
庶民の間でも学問の神様として
広く知られるようになり、
現在は松江市民から、
「天神さん」と呼ばれ、
親しまれています。

小泉八雲の代表作
「神々の国の首都」にも
登場しています。

毎年7月24日・25日には、
夏まつりが開催され、
御輿や多くの露店で賑わいます。

境内にあるたこ焼き屋さん
「天神たこ焼き」も有名。
約40年受け継がれてきた
松江市民が愛する伝統の味です。

白潟天満宮 公式サイト

白潟天満宮へのアクセス

島根県立美術館から徒歩で6分



白潟天満宮から出発



天神町商店街


白潟天満宮から
松江市市民活動センターの
交差点まで続く、商店街です。

日本三大茶処・菓子処松江。
ここ、天神町商店街には、
老舗の和菓子屋や茶舗が
軒を連ねており、
お土産を買うのにおすすめです。

松江駅から徒歩で松江城へ
移動する際は、ちょうど通り道。
この商店街を散策してみては
いかがでしょうか。

 

 

 


人参方


白潟天満宮のそばにある
天神ロータリーで東を向くと、
道が3つに分かれています。

一番右側の道を進んでいくと、
屋根だけが残った門が現れます。

松江藩6代藩主・松平宗衍が
藩主を務めていた時代、
松江藩は、財政赤字が深刻でした。

そこで宗衍は、
「高麗人蔘」を栽培し、
藩の財政再建を目指します。

ところが、
幕府からの公共事業負担や
自然災害が重なり、
財政がより悪化したため、
事業は失敗に終わります。

その後、息子の
7代藩主・松平治郷(不昧公)が
事業を引き継ぎ、
松江での高麗人蔘の栽培に成功。
海外に輸出し、
松江藩の財政を回復させました。

この門はかつてここに、
高麗人蔘の製造、加工、
流通、販売を行う役所が
設けられていたことの名残で、
この地域は、「人参方」と
呼ばれています。