八重垣神社

縁結びの神様で有名な八重垣神社。
出雲の縁結びの元素戔嗚尊
(スサノオノミコト)と稲田姫を
祀る神社で、素戔嗚尊は八岐大蛇
(ヤマタノオロチ)退治のあと
稲田姫とともにここに新居を
営んだといわれています。

古代結婚式発祥の地ともされています。


鏡の池


稲田姫が八岐大蛇から身を隠している間、
この池を鏡代わりに姿を映したと
伝えられていることから、
良縁占いをすることができます。
社務所で売られている薄い半紙の中央に
小銭を乗せて浮かべると、


このように、お告げの文字が浮かびます。
この紙が池に沈む時間と場所で
自分の恋を占います。
紙が近くで沈めば、近くの人と、
遠くの方へ流れていけば、
遠くの人と縁があり、
早く沈むほど、早く縁づくと
いわれています。

また、敷地内には、
日本最古といわれている、
素盞鳴尊・稲田姫命
・天照大神(あまてらすおおみかみ)
・市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)
・脚摩乳命・手摩乳命の六神像の
神社壁画が保存・公開されている
宝物館があり、有料で拝観できます。

拝観料
中学生以上 200円
小学生 100円
幼児 無料
※神札授与所でお納めください。

 


施設情報

年中無休

参拝時間
9時~17時

八重垣神社 公式サイト



八重垣神社へのアクセス

JR松江駅からバスで約20分
4番のりばから 八重垣神社行きに乗車
八重垣神社 下車 250円

松江城からバスで約30分
県民会館前バス停から 八重垣神社行きに乗車 
八重垣神社 下車 250円

松江しんじ湖温泉駅からバスで約35分
1番のりばから 八重垣神社行きに乗車
八重垣神社 下車 340円

山陰自動車道 松江中央ICから
車で約2.5㎞ 約6分


八重垣神社から出発


八重垣神社周辺の観光案内