10月 イベント情報

ハーンを慕った二人のアメリカ人
ボナー・フェラーズとエリザベス・ビスランド(小泉八雲記念館)
2019年は、ラフカディオ・ハーン
(小泉八雲)がアメリカにわたって
150年。

ラフカディオ・ハーンは、
シンシナティとニューオーリンズで
約20年間ジャーナリストとして
文才を発揮し、来日後、
日本文化を世界に広めました。

この企画展では、生涯の友人で
ハーン文学の最大の理解者である
エリザベス・ビスランドと、
ハーンの愛読者で彼の日本理解をもとに
戦後日本の象徴天皇制の実現に
力を尽くしたボナー・フェラーズを
取り上げます。

2019年6月27日~2020年6月7日
デニス・クネープケンス展(由志園)
オランダを中心に世界で活躍する
新進気鋭のフローリスト
デニス・クネープケンス氏による
展覧会です。

9月7日~12月26日

開園時間
9:00~17:00
池泉天竺牡丹2019(由志園)
日本一の牡丹の産地松江市大根島と
ダリアの産地宝塚市上佐曽利との
コラボレーションが由志園で実現!!

宝塚市と松江市が姉妹都市締結を
していることから生まれた
両市の交流イベントです。

山陰最大級の池泉回遊式日本庭園
由志園の池泉に5日間限定で、
上佐曽利のダリア100,000輪が
豪華に浮かびます!

10月11日~15日
松江水燈路2019 (松江城・塩見縄手)
松江の秋の風物詩である松江水燈路。
松江城と塩見縄手が、
手作りの水燈路行燈の
穏やかな光で彩られます。

また、松江城や武家屋敷が
ライトアップされるほか、
1 年でこの時期だけ夜間運航する
堀川遊覧船から、
城下町松江の光と影が
織りなす幻想的な風景を
楽しむことができます。

9月21日~10月31日

メイン開催日
(土曜日・日曜日・祝日の14日間)

9月
21日(土), 22日(日), 23日(祝月), 28日(土),
29日(日)

10月
5日(土), 6日(日), 12日(土), 13日(日),
14日(祝月), 19日(土), 20日(日), 26日(土),
27日(日)

堀川遊覧船夜間運航
(大手前乗船場 ⇔ ふれあい広場乗船場)

土曜・日曜・祝日限定運航
片道運航 (所要時間約 20 分)

【料金】片道大人 510 円、小人 250 円、
貸切船一隻 7,200 円 (要予約)
第二回 神座ー神々への舞ー大蛇 各地に伝わる八岐大蛇の形態(佐太神社)
各地に伝わっている
古事記・日本書紀の八岐大蛇退治の
神話を題材にした神楽には、
様々な八岐大蛇の形態や
演じ方があります。
今回は、特に大蛇の4つの形態
(立ち大蛇:佐陀神能、
トカゲ蛇:見々久神楽、
幕蛇:奧飯石神楽、
提灯蛇:比婆荒神神楽)に
着目し、それぞれの形態を保持する団体が
奉納演舞を行います。
10月6日 13:00〜17:30

料金
無料

※写真撮影はできません。
仲秋の嫁ヶ島2019(宍道湖夕日スポット・岸公園)
夕日スポットの岸公園から船に乗って
嫁ヶ島へ!!
嫁ヶ島で湖上茶席や歴史ガイドを
楽しみませんか?

10月12日、13日、14日

渡船場所
岸公園仮桟橋

料金
渡船料金:大人1000円、小人500円、
幼児無料

※湖上茶席は有料。
お抹茶(和菓子付)300円

※10月1日〜10月31日まで、
毎日嫁ヶ島のライトアップも行われます。
松江鼕行列2019(松江城〜松江大橋〜白潟天満宮)
松江の秋の風物詩である「松江鼕行列」。
松江神社の例大祭に合わせ
松江の開府を祝うお祭りです。

鼕 (どう) とは、出雲地方での
太鼓のこと。
松江城から松江大橋を渡って
白潟天満宮までの道を
打ち面を上にむけた
約 1.2 ~ 1.8 メートルの大きな鼕を
据えた屋台を子供から大人までの
老若男女が打ち鳴らしながら
引き歩きます。

10月20日 13:30
松江城大手前 出発
松江フォーゲルパーク「ハロウィンナイト」2019(松江フォーゲルパーク)
毎年恒例の一夜限りのイベント
「ハロウィンナイト」が
今年も開催されます。

ハロウィンの衣装を着たペンギンの散歩や
ナイトバードショー、
ステージイベントで、
フォーゲルパークのハロウィンを
楽しもう!!
お菓子まきもあるよ!!

10 月 26 日 17:00〜21:00
※入園受付は20:15まで

料金
大人600円
小・中学生300円

幼児 無料

※センターハウスのみの入場です。
ハシビロコウを見ることはできません。