出雲国府跡・出雲国分寺跡

出雲国府跡


八雲立つ風土記の丘から
徒歩約20分のところにある出雲国府跡は、
今からおよそ1300年前の奈良時代初めに
作られました。
奈良・平安時代の出雲国の
政治的中心地で、現在でいう県庁や
市役所の役割を持っていました。

出雲国府の所在地は長らく謎と
されていましたが、
発掘調査により整然と並ぶ
奈良時代の建物跡や、文書行政が
行われたことを示す木簡、
墨書土器などが見つかり、
出雲国府がこの松江市大草町に
あったことが判明しました。

出雲国府跡へのアクセス

風土記の丘入口バス停から徒歩約15分


 

出雲国分寺跡


奈良時代に聖武天皇の命によって
造られた国分寺跡で、発掘調査により
南門・中堂・金堂・僧房などの跡が
発見されました。
現在は礎石などが置かれ、金堂・講堂
・僧房などの伽藍配置が復元されており、
ここで発掘された瓦・須恵器などの
出土品は、八雲立つ風土記の丘資料館に
展示されています。

出雲国分寺跡へのアクセス

武内神社前バス停から徒歩で約10分
東松江駅から徒歩で約25分