神魂神社

神魂神社は、イザナミノミコトを
主祭神とする古社です。
国宝に指定されている本殿は
床下の高さが高く、柱が太く、棟持ち柱が
側柱よりも外側に飛び出しており、
古い大社造りの特徴が残されています。
現存する大社造りの社殿の内、
最も古いといわれています。
「神魂」と書いて「かもす」と読みます。


神魂神社へのアクセス

松江駅からバスで約20分 320円
4番のりばから
かんべの里行きに乗車
かんべの里 下車 徒歩2分

八雲行きに乗車
風土記の丘入り口 下車 徒歩9分

八重垣神社から車で約8分 約2km


神魂神社から出発